面接の下準備をしよう

就職面接のことについて書かれた本を見ると、大きな声で自分の名前を名乗ることと書かれていることが多いです。

面接の下準備をしよう
面接の下準備をしよう

就職面接のことについて書かれた本を見ると

就職面接のことについて書かれた本を見ると、大きな声で自分の名前を名乗ることと書かれていることが多いです。しかし、勘違いしてはいけません。蚊の鳴くような小さい声ではいけないと言うことです。はっきりと声が通ればいいので、わざわざ大声を出す必要はありません。大声で一本調子に話すと、答えを暗唱しているかのような印象を与えてしまいます。空気が読めない人と判断される可能性も高くなるでしょう。ある程度の強弱と、時には身ぶり手ぶりを交えて話すのが基本です。表情豊かに話すと言うことを心がけましょう。

また、志望動機をアピールすることに夢中になり、採用担当者が何を聞こうとしているのかを汲みとらない学生も少なくないです。自分の意見を言うことだけしか考えていないと判断されてはいけません。面接は採用担当者とやりとりをする場です。それを頭に入れておかないといけません。また、採用担当者の質問に対して、即答しないと評価が低くなると考えている学生も多いです。しかし、そんなことはありません。もちろん、全ての質問に答えられないと言うのではいけませんが、あまり気にしないようにしましょう。焦る原因になります。ワンクッションおいて答えるようにしましょう。