面接の下準備をしよう

学生が就職面接で緊張するのは仕方がないことです。

面接の下準備をしよう
面接の下準備をしよう

学生が就職面接で緊張するのは仕方ないが

学生が就職面接で緊張するのは仕方がないことです。人生がかかっているのですから、緊張するのは当たり前でしょう。緊張するなと言っても無理でしょうが、せめて早口にならないようにしたいところです。就職面接では緊張とスピーディーに答えなければいけないと言う思いが強すぎて、早口になってしまう学生がいます。早口は聞き取りにくいので、正当な評価をしてもらえません。とくに、採用担当者が高齢の場合は気をつけましょう。早く話す必要は全くありません。普段よりもゆっくり話すように心がけることです。もちろん、声も大きくないといけません。

丁寧に話していても、採用担当者の目を見ないと言うのでは評価は低くなります。ただ、面接などの緊張する場では、直接目を合わせようとすると睨むようになってしまうことが多いです。ですから、目を合わせると言うよりも、採用担当者の鼻あたりを見るようにしましょう。相手からすると、目を見て話してくれているなと感じます。また、採用担当者の反応が鈍いときもありますが、こう言うときは多少の身ぶり手ぶりを使いましょう。意外と効果を発揮します。ただ、あまりにも身ぶり手ぶりが大きいと、精神年齢が低いと思われるので注意しましょう。

話題になっている求人の情報はきちんと整理されているこのサイトをブックマークしましょう