面接の下準備をしよう

就活生はエントリーシートと面接を別々に考えてはいけません。

面接の下準備をしよう
面接の下準備をしよう

エントリーシートと面接を別々に考えてはいけない

就活生はエントリーシートと面接を別々に考えてはいけません。面接と連動していると考えておきましょう。ですから、エントリーシートに記入したことに関連する質問に対して、きちんと答えられないと評価は低くなります。エントリーシートを充実させようとして格好良いことばかり書いてしまうと、ボロが出るので注意しましょう。面接者が会ってみたいと思うようなエントリーシートを作成しなければいけません。特殊な技能や特異な体験を持っている人は、かなり有利になるでしょう。ただ、くれぐれも嘘は書かないことです。

また、あまり技巧をこらすことに力を入れると、墓穴を掘ることになるでしょう。あくまで等身大の自分を見せると言うことが重要です。手書きで書く場合は、字が上手くないといけないと考える人が多いですが、そんなことはありません。もちろん、省力文字を多用したり、丸文字ではいけませんが、丁寧に書くことの方が大事です。字の上手い下手はあまり気にしなくていいでしょう。それよりも、5W1Hを意識して書くことです。できるだけ具体的に書くと言うことを心がけましょう。センテンスを短めにすると読みやすくなると言うことも頭に入れておくことです。